東京の医学部予備校ランキング

合格への直行便!東京の医学部予備校えりすぐりガイド

実践的な受験対策を行なっているか

医学部合格のための予備校選びのポイントとして、過去問を活用した受験対策について解説しています。

医学部の受験対策~過去問に触れる~

医学部予備校の中には、前年度までの過去問を無料で閲覧させてくれたり、講師が作成した予想問題で試験対策ができるところがたくさんあります。

その一例として、このサイトでも紹介しているメディカルラボの受験対策について紹介します。

メディカルラボでは、公式サイト上で、各大学の入試過去問を無料で閲覧することができます。受験する医学部が過去にどのような問題を出し、その出題傾向はどのようなものなのかを知ることは、医学部の受験対策には欠かせません。過去問をこなすことで、そうした傾向を知り、受験対策も立てられるようになります。

受験する大学の過去問を解くことは、入試直前の復習&演習になるので、できるだけ多くの過去問に触れるのがおすすめです。

医学部の受験対策~実践的なテストを受ける~

メディカルラボでは、岩手医科大学、埼玉医科大学、兵庫医科大学、川崎医科大学、藤田保健衛生大学、近畿大学医学部、福岡大学医学部など、いくつかの大学について、入試傾向を徹底的に分析した実力判定テストを実施しています。

メディカルラボの講師が、各大学の入試傾向に沿った問題を作成し、解答する形式で行なわれます。

テストを受けた時点での各大学の合格可能性を判定し、今後の学習指針を提示。実力判定テスト受験後、2週間ほどで成績表が返却されるので、その結果に基づき、自分自身でも対策を練ることができます。

自宅での受験もできますが、公開試験会場による受験も可能です。公開試験会場では、本番と同様の時間割で試験を実施します。試験本番に向けて、より効率よく勉強するため、現時点での実力を図りたいという人、本番で緊張しないために、受験当日の雰囲気に慣れたいという人にはおすすめです。